こうすればSEOに効果あり!上位表示に動画を最大限活かす

Pocket

今、動画SEOが一部の人達の間で注目されています。確かに動画SEOは効果的で、YouTubeにアップロードした動画から多くの集客に成功したという事例はあります。大企業だけではなく、中小企業も成功事例がたくさんあります。

しかし動画SEOは単純に動画を制作して、それをYouTubeに載せるだけでは効果はあまり高いとはいえません。動画SEOを確実のものにしたいのであれば、テキストをうまく織り交ぜたウェブサイトを作る事が重要なのです。

セミナー動画の書き起こし、ログミーが人気の理由は?

ログミーセミナー動画の書き起こしを行っているログミーというサイトを御存知でしょうか?一時期有料セミナーを書き起こししたことで、非常に問題視されていましたが、今はだいぶ市民権を得てきているのか炎上することはなくなっています。

逆にこのログミーがバズになって、人気が出ていることが多いです。元になる動画よりも書き起こしページの方が人気になるのは、文章で情報を得たいというニーズが多いからです。

例えば、セミナー動画を見るということは、セミナーにかかった時間がまるまるかかります。しかし書き起こしで見れば、動画よりも短い時間で情報を得ることができます。

つまりスピーディーに情報を仕入れたい人にしてみれば、ぼーっと動画を見るよりも、動画を書き起こした文章の方が、時間を節約できるし楽ということです。

だからこそログミーは人気になりました。

SEOには動画だけではなく文字と画像がある方が良い

text_seo動画SEOを行っておりながらも、多くの人に抜けているのは、このログミーのような書き起こした文字コンテンツです。動画SEOに取り組みながらも、動画を制作したらYouTubeにアップロードして終わりという場合が多いのではないでしょうか。

確かに、それでもYouTubeのページが上位表示される可能性はありますから、効果が無いわけではありません。しかし文字に書き起こしたり、要点を文章にまとめたページをブログや自社サイトに作ることで、さらに大きな効果が得られます。

つまりページ上部に動画を埋め込み、その下に、動画の要点をテキスト化したページを作成するのです。見出しタイトル(h1やh2)をうまく使いながら文章を書いていくことで、この文章の書かれたページが上位表示する可能性も出てきます。

こうすれば動画が上位表示する可能性、そして動画の要点をまとめたり、書き起こしたページが上位表示する可能性と2倍の効果が見込めるというわけです。

動画の内容をテキスト化するところまでが動画SEOです。これをしている人は少ないので、ここで差をつけることができます。

YouTubeページと動画紹介ページを別に用意するのがベスト

YouTubeロゴつまり、YouTubeのページと動画紹介ページの両方を用意することがベストというわけです。動画SEOを行ったことがある人ならわかるかと思いますが、テーマ・内容によっては、YouTubeのページを必ずしも上位表示させられるわけではありません。

そのような場合のバックアップという意味合いででも、動画紹介ページを別に作って、要点をまとめておくべきです。そうすれば、動画紹介ページが上位表示する可能性が出てきますから。(場合によっては、YouTubeのページよりも、別に作ったページの方が上位表示されやすくなります)

動画SEOも他と同じく継続こそが上位表示に繋がる

SEOと言うのは継続的に行っていくことが大事とされています。コンテンツを充実するために、記事をできるだけ定期的に更新していく必要があります。それが検索エンジンにプラスに働くのです。

動画SEOではあまりそういった話がされていませんが通常のSEO対策と同じで、コンテンツ充実や定期的な更新が必須です。一本だけ動画をアップロードして動画SEOができた、なんていうことにはならないのです。1本しか動画がないチャンネルと、100本動画があるチャンネル、どちらに価値があるかを考えれば自明でしょう。

継続は力なり、動画SEOを行う上でも必要なことです。

Pocket

採用動画プロモーション動画
by Top