YouTube動画の再生回数を増やす方法〜関連動画編〜

Pocket

今回は、YouTubeにアップした動画の再生回数アップに関する小技を1つご紹介したいと思います。

視聴者が動画にたどり着く経路には複数のパターンがありますが、多くの場合「関連動画」経由の視聴が大きな割合を占めているのではないでしょうか。

この「関連動画」経由の視聴者を増やす。簡単にやり方を言うと、ご自身の動画と関連性の高い人気動画のメタデータを調べ、そこで使われているキーワードの中から相応しいものを、自分の動画のメタデータに付け加えるという方法です。要は、視聴回数の多い動画の「関連動画」になるということです。

では、その方法を詳しくお伝えします。

関連性の高い動画とキーワードを調べる

ところでみなさんは、YouTubeクリエイターツールの進化版「YouTube Studio」のベータ版は、もう使われていますか?まだの人は、是非、画面を開いてみてください。

従来のクリエイターツールに比べると使える機能は少ないのですが、非常に見やすく、優先度の高い機能が厳選してまとめられていて使いやすいです。特に、アナリティクスが使いやすくなってます。

なので今回は、YouTube Studio画面をもとにご説明します。

まず、YouTube Studioへは、クリエイターツール画面の左下にある「YouTube Studio ベータ版」と書かれた青いボタンをクリックして入ってください。

YouTube Studioに入ったら、左側のメニューにある「アナリティクス」をクリックし、画面上部に並んでいるタブの中から「到達経路」を開いてください。

 

到達経路を開くと、
・トラフィックソースの種類
・上位YouTube検索キーワード
・上位の外部ソース
・あなたのコンテンツにトラフィック誘導している上位の動画
の4つの項目が並んでいます。

この中の「あなたのコンテンツにトラフィック誘導している上位の動画」にあるのが、自分の動画を関連動画として表示してくれている動画です。

 

 

さらに、画面をクリックすると新たなページが開き、トラフィック誘導している動画がランキングで一覧表示されます。

 

 

ではまず、トラフィック誘導しているランキングTOPの動画(以降、T動画と呼びます)をクリックして開いてください。

すると、その動画の関連動画として、ご自身の動画が掲載させれているかと思います(以降、その動画をA動画と呼びます)。

そして、同じく関連動画として並んでいる他の動画の中から、最も再生回数の多い動画を開いてください(以降、その動画をZ動画と呼びます)。

Z動画を開いたら、タイトル・説明欄・タグを見て、A動画と関連があるけどA動画で使用していないキーワードがないか調べてください。もしあれば、それが候補キーワードとなります。

例えば、大阪にあるラーメン店の動画のタイトルが「大阪 濃厚味噌ラーメン」で、人気動画のタイトルが「関西 ピリ辛味噌ラーメン」という言葉が使われていた場合、『関西』と『ピリ辛』が候補キーワードとなります。

タイトルだけでなく、説明文とタグも同様にチェックします。

で、A動画に使用していない候補キーワードが見つかれば、それをA動画のタイトル・説明欄・タグのどこかで使用します。もちろん、A動画の内容と関係のあるキーワードでないといけません。

タイトルと説明欄で使用する場合は、単純に候補キーワードを追加するのではなく、できれば自然な文章として使用してください。

以上の施策で、再生回数の多いZ動画の関連動画として掲載される可能性が高まります。絶対に再生回数が増えるという方法ではありませんが、可能性は高まりますので試してみて下さい。

注意点

必ず自分の動画と関連性の高い人気動画を選ぶことと、関連性の高い候補キーワードをチョイスすることです。

A動画とZ動画は直接「関連動画」として紐付いてませんが、それぞれT動画と紐付いてますから、A動画とZ動画は充分関連性が高いと考えられます。人気のある動画だからと言って、全く関連性のない動画からキーワードを引っ張ってきても意味がありません。

もし仮に、関連性の低い動画の「関連動画」として掲載されてしまった場合、視聴者の求めている内容と違うわけですから、再生されたとしても、すぐに閉じられてしまうでしょう。
そうすると、視聴者維持率が低下しますので、動画SEOの観点から見ると大きなマイナス効果となってしまいますのでご注意ください。

 

Pocket

採用動画プロモーション動画
by Top