中小企業が動画活用する時は「動画SEO」から?

Pocket

動画プロモーション経験あり企業は6割以上

company企業約300社を対象にした「動画を用いた販促プロモーション計画」に関するアンケート調査の結果が、クレボ株式会社から発表されました。

動画 PR が当たり前に!? 60%以上の企業が動画プロモーションの経験あり

調査結果を見ますと、過去にプロモーションなどのために動画を制作したことがある企業は約6割にのぼり、そのうち約半数の企業が動画広告の配信も行っています。
これは、自分たちで動画を制作して、自分たちで配信した数字なのか、それとも、制作・配信を外注した数字なのかが分かりませんが、なんにせよ、動画プロモーションが一般的なものになってきていると言えるでしょう。

movie-production-Investigation

地元密着型・オールドビジネスの中小企業こそ動画を活用すべき

今回の調査対象に中小企業の占める割合はわかりませんが、地域密着型でオールドビジネスの中小企業こそ動画を活用すべきだと弊社は推奨しています。なぜなら、大手に比べて中小企業は、動画のタイトルに“地域名”を入れやすいからです。地域名を含む検索に対しては、タイトルに地域名のある動画が上位表示されやすいからです(当たり前のことですが)。

トヨタ自動車の様なグローバル企業の場合、動画タイトルに特定の地域名を入れることは難しかったり、意味がなかったりしますが、地域密着型のお店や会社なら、自然に地域名をタイトルに使うことができ、意味があります。

そして、検索ニーズに合った動画であれば、ウェブサイトよりも動画の方が上位表示されることが多く、しかも検索結果でテキストが並ぶ中、動画のサムネイルは目立ちますので、クリックされる可能性が高いです。

さらに、動画活用がほとんど行われていない業界であれば、ライバルが少ない訳ですから、ちょっと動画を活用すればハッキリと効果が現れるでしょう。地域密着型のオールドエコノミー企業こそ、動画活用すべきなのです。

どんな動画でも地域名を使えば上位表示するのか?!

barしかし単純に、「タイトルに地域名を含ませればいい」という訳ではありません。「地域名+◯◯」の「◯◯」にどんな言葉を持ってくるかが重要なのです。言い換えれば、どんな内容の動画にするかが重要です。

例えば、大阪にある焼肉屋さんが「大阪 焼肉」or「大阪 焼肉 店名」というようなタイトルを動画につけても、GoogleやYahoo!検索でその動画が上位表示する可能性は極めて低いです。
しかし、「大阪で1番焼肉に詳しい人が焼肉の焼き方を伝授」というようなタイトルにすれば、”焼肉の焼き方”などの検索に対しては上位表示させることができます。

この辺りのことはこちら↓に詳しく書いていますのでご覧ください。
「アナタの動画が上位表示しない初歩的な初歩的な理由とは!?」

動画SEOこそ、中小企業ならではの動画活用法!

なにも、YouTubeのTrueView広告やFacebookの動画広告などを使って、大々的に動画プロモーションを行うことだけが動画活用ではありません。中小企業は中小企業ならではの動画活用方法があります。

「地域名+○○」で検索する人は多いです。その地域だけで勝負出来ればいいというのならば、動画活用は絶対に取り組むべきです。
まずは動画SEOです。動画を使って上位表示を目指してください。

 

Pocket

採用動画プロモーション動画
by Top