動画SEOでラクラク上位表示!?初心者でもできるやり方とは

Pocket

今や当たり前のように言われ始めている「動画SEO」ですが、SEO対策の中でも気軽に上位表示が狙えると言われています。ですが初心者のかたはやってみると意外にうまくいかないものです。

そこで初心者の方におすすめの方法、そして最低限このくらいのことはやっておかないといけないんだということをご紹介します。これを読めばある程度は動画SEOの効果を発揮できるのではないかと考えています。

最低限必要な「タイトル」「説明文」「タグ」「サムネイル」の最適化

YouTubeロゴまず動画SEOをするときに必要なこと、つまり最低限このくらいは必要というのが4つあります。

  • タイトル
  • 動画の説明文
  • タグ
  • サムネイル

この4つの最適化です。この4つを全く設定しない・最適化しないとなると、動画SEOの効果は出ません。なので、まずはこれらをちゃんと設定しましょう。

タイトル・説明文・タグには、キーワードを入れておく必要があります。動画SEOについて最も基礎的な部分です。例えばコーヒーに関する動画SEOの場合、「コーヒー」というキーワードは必ず全てに入れます。そして、「サイフォン」や「モカ」など、より詳しいワードを含めることが大切です。

メインキーワードは、タイトルに1回、説明文には複数回出現させます。タグはできるだけコーヒーと組み合わたタグが必要です。コーヒーとマグカップ、コーヒーとアメリカン、コーヒーとミルク等のタグを設置しておくといいでしょう。

「動画」で検索されているキーワードなら可能性大

動画SEOに相応しいキーワードを見つけて、そこから逆算して動画を作るのも手です。つまり、「動画」というキーワードと共に検索されているワードを探すのです。例えば「染み抜き 動画」「腰痛体操 動画」のようなキーワードです。

これらはサジェストと呼ばれる機能を使うとわかりやすいです。検索エンジンでキーワードを入れると、その後に関連するキーワードが出てきます。これがサジェストと呼ばれるもので、中には動画が関連ワードとして出てくる事があります。

こういうワードは動画との関連性が高く、動画SEOの効果が高くなりやすいです。

ちょっとしたテクニックですが、Yahoo!やGoogleの検索結果で上位表示している他人の動画があった場合、その動画と同じタグを設定しておけば、YouTube上で関連動画として表示され、多くの人に観られる可能性があります。もちろん、自分の動画とは全く関係のないタグを使用するのはやめましょう。目先、望ましい結果がでても、必ずいつかペナルティーを受けるでしょう。

動画が増えたので動画SEOも難しくなりつつある

動画SEOは、以前は初心者でも簡単にできるSEOの手法だと言われてました。それは動画の本数が少なかったからです。今ほど動画をアップロードする人はいませんでしたから。

とは言え、SEOの基礎的テクニックは特に難しくはありません。

通常のウェブサイトのSEOと同じように、まずはコンテンツ(動画)の質をよくして、タイトル・説明文・タグに適切なキーワードを設定し、タイトルとサムネイルにはクリックしたくなる要素を含ませる。そして、数多くの動画を作ってお互いに関連させる。これらが、必ず行わなければいけない基礎部分です。

あとは、SNSで告知をしたり、プレスリリースで発表したり、リスティング広告のランディングページに動画を設置するなどして、動画の再生回数を稼ぎます。

動画SEOで大切なのは、再生回数と視聴時間(視聴者維持率)です。より多くの人に最後まで観てもらう。その為に必要なことを1つずつクリアしていけば、上位表示も夢ではありません。

Pocket

採用動画プロモーション動画
by Top