YouTube動画パラメータまとめ2/自動再生・リピート再生等

Pocket

YouTubeロゴYouTube動画をブログやコーポレートサイトに貼り付ける時、パラメータをちょっとイジるだけで、動画の見た目や再生方法をカスタマイズすることができます。

前回の「YouTube動画パラメータ まとめ1」では、主に見た目に関するパラメーターをご紹介しましたが、今回は再生方法に関するパラメーターをご紹介したいと思います。
まだ、上記のまとめ1をお読みになっていない方は、先にそちらをご覧ください。

1.関連動画を表示させない方法

動画を観終わった時、関連動画が表示されるのをご存知ですよね?それをパラメーターを使って表示させなくすることが出来ます。ユーザーの興味が関連動画に移ってしまうのを防ぎたい時などに使用します。

<追加するパラメーター>
rel=0 関連動画を非表示
rel=1 関連動画を表示

<追加後の埋め込みコード例>

2.動画を自動再生させる方法

サイトに組み込んだYouTube動画は、デフォルトだとクリックしないと再生しません。それを、サイトを開くと同時に自動再生させることができます。一般的には、動画が自動で始まると嫌がられますのでご注意ください。企画上、どうしても自動再生でないとダメなんだという時にだけご利用ください。

<追加するパラメーター>
autoplay=0 クリック再生
autoplay=1 自動再生

<追加後の埋め込みコード例>

※自動再生のサンプル動画は掲載していません。

3.動画を繰り返し再生させる方法

動画を繰り返し再生させることができます。利用シーンとしては、店舗に設置したモニターに動画を流す時などに使うといいでしょう。動画の尺が長いほど利用価値は高いです。単一動画プレーヤーの場合に設定すると、最初の動画が繰り返し再生され、再生リストプレーヤーまたはカスタムプレーヤーの場合は、再生リスト全体を再生した後、最初の動画から再び再生されます。

<追加するパラメーター>
loop=1&playlist=動画ID
(動画IDは埋め込みコード内の「embed」の後に書かれている文字です。サンプル動画の場合「Xh2-NiXTvAI」が動画IDになります。)

<追加後の埋め込みコード例>

4.指定の位置から動画を再生させる方法

動画の内容によっては途中から観せたい時があります。「1分5秒から観始めて欲しい」というような願望を簡単にかなえることができます。

<追加するパラメーター>
start=再生開始位置(秒数)

<追加後の埋め込みコード例>※1分5秒から再生開始

5.指定した秒数の位置で再生停止させる方法

指定の位置から再生させることが出来るんですから、指定に位置で停止させることも、もちろん出来ます。つまり、「4」と「5」を合わせれば、「ここからここまで」という見せ方ができるという訳です。複数のパラメーターを設定する時は「&」でつなげてください。

<追加するパラメーター>
end=再生停止位置(秒数)

<追加後の埋め込みコード例>頭から10秒の位置で停止

6.動画に字幕を表示させる方法

YouTubeの動画プレーヤーには字幕を表示させる機能が付いていて、視聴者側で字幕のオン・オフが選ぶことができますが、パラメーターを使って字幕をデフォルトで表示させることができます。視聴者側が字幕設定をオフにしても、字幕が表示されます。

<追加するパラメーター>
cc_load_policy=0 字幕OFF
cc_load_policy=1 字幕ON

<追加後の埋め込みコード例>

7.アノテーションを消す方法

画面上にメモや注釈を記載したり、他のページへのリンクを貼ることが出来るアノテーション。動画マーケティングでは欠かせない機能です。しかし、YouTube上では欠かせないアノテーションでも、動画をサイト内に埋め込む場合は邪魔になる時がありまし。そういう場合はパラメーターを使ってアノテーションを非表示にしましょう。

<追加するパラメーター>
iv_load_policy=1 アノテーションON
iv_load_policy=3 アノテーションOFF

<追加後の埋め込みコード例>


※1分20秒あたりから画面下に3つの関連動画が表示されます。デフォルトではその部分に動画ページに飛べるアノテーションが設定されていますが、「iv_load_policy=3」を設定することでアノテーションが消え、クリックして別ページに飛べなくなります。

8.キーボード操作を無効にする方法

キーボードを使って動画を早送りしたり、停止したりすることができます。主な操作方法は次の通りです。

  • スペースキー  : 再生と一時停止
  • 右矢印キー「→」: 現在の動画を 10% 進める
  • 左矢印キー「←」: 現在の動画を 10% 戻す
  • 上矢印キー「↑」: 音量を上げる
  • 下矢印キー「↓」: 音量を下げる

こらの操作を無効にすることができます。

<追加するパラメーター>
disablekb=0 有効
disablekb=1 無効

<追加後の埋め込みコード例>

まとめ:パラメーターから企画を考えるのもアリ!

パラメーターの紹介は以上となります。本来は、目的が先にあってその目的を叶えるために必要なパラメーターを設定する、というのが王道ですが、パラメーターの使い方次第では“変わった見せ方”が出来ます。その珍しい見せ方から企画を考えるのもアリだと思いますので、是非、パラメーターを有効に活用してみてください。

Pocket

採用動画プロモーション動画
by Top