知らなきゃ損!YouTubeの自動字幕起こしと字幕提供依頼の方法

Pocket

動画SEOを考えるならば、YouTubeの字幕設定は外せません。
書き起こし原稿がある場合のやり方は、以前に投稿した「動画SEOに欠かせない、YouTube字幕設定の仕方〜その1」に詳しく書いてますので、ご覧ください。

今回ご紹介するのは、YouTubeの「自動字幕起こし機能」の使い方です。条件を満たしていれば、動画をアップロードするだけで、YouTubeのコンピューターが自動で字幕を作成してくれる機能です。
ただし、この機能で作られる字幕は、機械学習アルゴリズムによって自動生成されるものなので、トンチンカンな文章になることが多々有ります。修正作業はほぼ必ず必要となってきますので、ご注意ください。

自動字幕起こし機能を使う

では、どういう動画であれば、自動字幕が生成されるのか?その点に関して、YouTubeのヘルプページには、自動字幕起こしが機能しない原因として、次のように書かれています。

・動画に含まれる複雑な音声の処理に時間がかかっているため、字幕がまだ完成していない
・動画で使用されている言語が自動字幕機能でサポートされていない
・動画が長すぎる
・動画の音質が悪い、または YouTube で認識できない音声が使用されている
・動画の冒頭で無音状態が長く続いている
・複数の人が同時に話しており音声が重なっている

上に書かれた条件に当てはまらなければ、自動的に字幕が生成されます。その場合は[字幕の管理]画面に、[言語(自動)]という項目が現れます。日本語の動画の場合、サンプル画像のように、[日本語(自動)]が現れます。

subtitles_Japanese

しかし、ここで注意が必要です。日本語の動画であっても、日本語の字幕ではなく、フランス語やロシア語の字幕が生成されてしまうことがあります。まさに、空耳アワーの世界です。

subtitles_French

もし、日本語の動画なのに外国語の字幕が自動生成された場合は、その字幕を公開停止にしましょう。
やり方は、例えばフランス語の場合、[字幕の管理]画面にある、[フランス語(自動)]をクリックし、開いた画面にある[操作]ボタンからプルダウンメニューを開き、[公開停止]を選択すればOKです。

公開停止

日本語の字幕が自動設定された場合は、字幕に間違いがないかチェックし、間違いのある箇所は手動で修正しましょう。修正のやり方は、「動画SEOに欠かせない、YouTube字幕設定の仕方〜その1」の手順[8]を参考にしてください。

音声がクリアな動画の場合は、精度の高い字幕が生成されます。うまくいけば、最も効率的な字幕設定となり得ます。

字幕提供依頼の方法

YouTubeの字幕機能には、視聴者に設定してもらう方法もあります。視聴者の善意に頼るという訳です。
そのやり方はとっても簡単で、クリエイターツールから、[チャンネル]>[アップロード動画のデフォルト設定]を開き、[ユーザー字幕提供]にチェックを入れるだけです。

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc%e5%ad%97%e5%b9%95%e6%8f%90%e4%be%9b%e4%be%9d%e9%a0%bc%e3%81%ab%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

これで、「この動画には字幕があった方がいいな」と思った視聴者が、動画プレイヤーの右下にある[設定]から、字幕を設定することができるようになります。

また、[ユーザー字幕提供]にチェックを入れると、[字幕の管理]画面で、動画の下に「この動画への字幕協力のリンクを共有」と「このチャンネルへの字幕協力のリンクを共有」が現れます。

字幕提供依頼リンク

 

ここにあるリンクをコピーして、動画の説明欄に記載したり、ブログやSNSに投稿して、字幕制作の協力を呼びかけることができます。

ただし、この方法はデフォルトで[ユーザー字幕提供]をオンにする方法なので、全ての動画に影響します。個別に設定する方法は、次の通りです。

 

1.クリエイターツールから、[動画の管理]>[動画]を開き、目的の動画の横にあるチェックボックスにチェックを入れます。
%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

2.画面上部にある[操作]をクリックし、開いたプルダウンメニューから[その他の操作…]をクリック。

%e6%93%8d%e4%bd%9c%e3%80%81%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%96%e3%81%ae%e6%93%8d%e4%bd%9c

 

3.新たに開いたメニューの中から、[視聴者への字幕提供依頼]をクリック。

%e8%a6%96%e8%81%b4%e8%80%85%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%ad%97%e5%b9%95%e6%8f%90%e4%be%9b%e4%be%9d%e9%a0%bc
4.すると、画面上部に新しく選択項目が現れますので、出現した[視聴者によって翻訳されたタイトル、説明、字幕の提供を許可する]にチェックを入れ、[送信]ボタンを押します。
%e5%ad%97%e5%b9%95%e6%8f%90%e4%be%9b%e4%be%9d%e9%a0%bc%e9%81%b8%e6%8a%9e
5.「動画を更新しますか?」というポップアップウィンドウが出現しますので、チェックを入れて[はい、送信します]ボタンを押せば完了です。
%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%82%92%e6%9b%b4%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

字幕提供依頼をオンにしておくと、日本語の動画に日本語の字幕だけでなく、英語や中国語の字幕を付けてもらえることもあります。なので、デフォルトで字幕提供依頼をオンにしておくことをオススメします。

もちろん、不適切な字幕を設定されては困りますので、動画投稿者は、視聴者から提供された字幕を管理することができます。
クリエイターツールから、[コミュニティ]>[字幕を管理]で、提供された字幕を編集したり、拒否することができます。詳しくは、YouTubeヘルプページ「視聴者が提供した字幕を管理する」をご覧ください。

まとめ

・字幕自動起こし機能は、トンデモナイ字幕が生成することがある。けど、うまくいけば、最も効率的な字幕設定方法。
ただし、全ての動画で自動字幕起こしが機能する訳ではない。
・字幕提供依頼はオンにすべし。動画で使われている音声の言語だけでなく、それ以外の言語の字幕も設定してもらえることがある。

Pocket

採用動画プロモーション動画
by Top